日本福祉心理学会

第14回大会

日本における乳幼児保育・教育・福祉を展望する

2016年7月2日(土)~3日(日)

筑波大学 筑波キャンパス 大学会館A棟

Google Mapmap

お知らせ

大会資料、原稿様式などはこちらからダウンロードしてください。

新着ニュース

Posted by janphs-admin on 2016年6月27日

障害者用駐車場等の利用について

「障害者用駐車場等の利用について」 障害者および事務局の使用を前提に、大学会館1Fの駐車場(10台分:地図参照

Posted by janphs-admin on 2016年6月26日

大会プログラム・発表論文集における訂正について(2)

お詫びと訂正 プログラム・論文集P17、研究発表(ポスター)の副題の表記に誤りがありました。 関係者の皆様にご

Posted by janphs-admin on 2016年6月16日

大会プログラム・発表論文集における訂正について

お詫びと訂正   プログラム・論文集P17の研究発表(ポスター)の所属の表記に誤りがありました。 関

Posted by janphs-admin on 2016年5月13日

大会のポスターを作成しました

大会のポスターを作成しました。 下記のリンクからダウンロードして、宣伝などにお使いください。

Posted by janphs-admin on 2016年5月9日

自主シンポジウム採択のお知らせ

自主シンポジウム採択のお知らせ :次の4件の自主シンポジウムの申込があり、採択が決定されました。(以下、申込順

大会参加の内容

symposium

シンポジウム

2~3件程度のシンポジウムを予定しています。皆様からのご応募をお待ちしております。なお、特別講演、学会企画シンポジウムも予定しています。

シンポジウム

presentation

研究発表

今大会の研究発表はすべてポスター発表形式です。

具体的な申込方法及び内容については、下記の研究発表のページを参考してください。

研究発表

meeting

懇親会

7月2日(土)夕刻に、大学会館レストランPlaza「筑波デミ」にて懇親会を行います。多数のご参加をお待ちしています。

 

懇親会

ご 挨 拶

 

 日本福祉心理学会第14回大会は、筑波大学筑波キャンパスにて、2016年7月2日と3日に開催されることになりましたので、ご案内申し上げます。

 大会のテーマは、「日本における乳幼児の保育・教育・福祉を展望する」です。今回大会のテーマも、第12回大会のテーマ「少子・高齢社会の福祉を拓く」(開催校:東京家政大学)と第13回大会のテーマ「人の生涯発達と福祉心理学との関わりを考える」(開催校:東京福祉大学)と同様に日本の昨今の福祉心理学に関わる社会現象を捉えるテーマに設定しました。大会準備委員会企画としては、同じく世界でまれにみる少子高齢化の社会現象に直面し、試行錯誤を繰り返しながらも、前に進めている日本と韓国における乳幼児の保育・教育・福祉の現状と課題から示唆を得るべく、日本と韓国の障害乳幼児の教育の専門家に、それぞれの国における現状から展望を語って頂く機会を設けました。教育制度や社会制度において多くの共通点を有しながら、それぞれ独自の施策を展開している日本と韓国の現在と将来から、今後の日本の乳幼児保育・教育・福祉に役立つ視点が得られることを期待しています。

 今回の大会は、筑波大学で3回目の開催となります。1度目の第3回大会(2005年)は筑波大学東京キャンパスにて、2度目の第8回大会(2010年)は筑波大学筑波キャンパスにて開催致しました。以前2度目の案内の時は、東京秋葉原駅からつくば駅まで最速45分のつくばエクスプレス(通称TX)の案内を申し上げました。これに加え最近は、東京駅からつくば駅までの高速バスも、筑波大学構内まで路線を延長して運行しております。また、TXつくば駅の手前の研究学園駅周辺には、つくば市役所、ビジネスホテルや大型商業施設などが立てられ、つくばの副都心機能を担う地域として発展しており、つくばを訪れる楽しさや便利さが増しています。

 このようなつくばの地で、今大会が福祉心理学の研究と実践の一層の発展に寄与できる場となりますよう、会員の皆さまのご参加とご発表を心よりお願い申し上げます。

2016年2月吉日

日本福祉心理学会第 14 回大会準備委員会

委員長  鄭 仁豪

Ⅰ.大会の概要

 

1.会期 2016年7月2日(土)~3日(日)
2.会場 筑波大学 筑波キャンパス 大学会館A棟(茨城県つくば市天王台1-1-1)
3.プログラム概要(予定)program*詳細は決定次第、大会ホームページに掲載します。

Ⅱ.大会参加の内容(予定)

 

1.特別講演Ⅰ

2.特別講演Ⅱ

3.学会企画シンポジウム

4.自主シンポジウム

5.研究発表(ポスター発表)

6.会務総会

7.その他:懇談会

 

Ⅲ.大会参加の申し込み

 

1.参加申し込み

参加申し込み期限は、5月6日(金)です。研究発表等を行わない場合でも、なるべく予約申し込みを行ってください。

参加申し込み方法は、参加申込票の郵送による方法と参加申込票の電子メール送信による方法の2種類があります。

 

  (1)郵送による方法

参加希望者は、同封の「参加申込票」に必要事項を記入し、同封の「返信用封筒」により、5月6日(金)までに(同日消印有効)、次の住所まで、郵送してください。

○日本福祉心理学会第14回大会準備委員会

〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 

筑波大学人間系 鄭(チョン)研究室気付

(2)電子メールによる方法

 参加希望者は、「参加申込票」(大会ホームページより参加申込票をダウンロード)に必要事項を入力し、次の大会準備委員会あてに、電子メールの添付ファイルで送付してください。

 ○参加申込票のダウンロード先

  ①「日本福祉心理学会第14回大会HP」( http://janphs14.org/ )へアクセス

  ③資料ダウンロードへアクセス

  ④大会参加申込票のダウンロード

 

 ○大会参加申込票の電子メールの送信先

第14回大会準備委員会事務局 janphs14@gmail.com    

 

2.諸費用の納付

2016年5月13日(金)までに、以下の「ゆうちょ銀行振替口座へ諸費用の納付を行って下さい。なお、

振込用紙は郵便局に備えてある用紙をお使いいただき、振込手数料は振込者にてご負担願います。

通信欄には、ご依頼人の氏名・振り込み額の内訳・連絡先などの必要事項を必ず記入して下さい。

○ゆうちょ銀行振替口座

【ゆうちょ銀行よりお振込みの場合】

  口座番号:00170-7-324147

加入者名:日本福祉心理学会第14回大会準備委員会

【他行よりお振込みの場合】

口座番号:ゆうちょ銀行 店名 〇一九(ゼロイチキュウ) 当座0324147

加入者名:日本福祉心理学会第14回大会準備委員会

Ⅳ.研究発表(ポスター発表)の申し込み 

 

1.発表資格

筆頭発表者および連名発表者は、次の用件を満たしていることが必要です。

(1)2016年4月1日現在で本学会の正会員、学生会員、団体会員であること。

※非会員の方は6月29日(水)までに当学会への入会を済ませ、会員の資格を取得してください。

(2)2016年度年会費を6月29日(水)までに納入していること。

(3)大会参加費を5月13日(金)までに納入していること。

 

2.発表形式等

(1)今大会の研究発表はすべてポスター発表形式です。

(2)会場確保や設営上、おおよその人数の把握が必要です。必ず予約申込を行ってください。

(3)発表時間は120分で、在席説明責任時間は60分です。

(4)発表は、発表ポスターをパネル(幅90cm×高さ180cm)にポスターを貼り掲示し、それをもとに発表者と質問者との間で個別に討論をしていただきます。

配布資料がある場合は各自でご用意ください。fig00

(5)①論文集への抄録掲載、②ポスターの掲示、③討論への参加の3つの要件を満たすことが、発表の条件です。

(6)筆頭発表者は、一人1回に限ります。連名発表者については、この限りではありません。

 

3.抄録原稿の作成

(1)研究発表の主発表者には、抄録原稿を提出していただきます。

(2)以下の要領にて、抄録原稿を作成してください。

(3)連名発表者がいる場合、必ず全員の了解を得ておいてください。

①A4 版1枚。ワープロ等による作成。

 文字色は黒、鮮明な印字。

②上余白20mm、左・右余白20mm、中央余白6mm、下余白20mm(目安)。

③本文の時数は、27字×52行×2段組み

(本文総字数、約2,800字)とします。

④主題は1行目に配置、ゴシック18ポイントで記入。

⑤副題はゴシック12ポイント(目安)で記入。

⑥氏名は、連名の場合、主発表者の氏名の頭に○印を付す。

⑦所属は、氏名の下の括弧内に記す。(長い名称は、略記も可)。

⑧キーワードは3語以内で記入。

⑨キーワードと本文の間を1行空ける。

⑩鮮明に印字された完成原稿(論文集にそのまま印刷されます)または完成原稿を、PDFファイルした電子ファイルの原稿を、準備委員会宛に郵送または送信して下さい。

4.抄録原稿の提出

(1)抄録原稿の提出期限は、2016年5月13日(金)とします。以後の受付は一切いたしません。

(2)抄録原稿は、いずれかの方法により、送付下さい。

(3)抄録原稿の受付の確認は、参加申込票に記載されている連絡先に、受け付け完了のお知らせを致します。

 

◉印字した抄録原稿を提出される場合は大会準備委員会まで郵送して下さい。

○日本福祉心理学会第14回大会準備委員会

〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 

筑波大学 人間系 鄭(チョン)研究室気付

◉電子ファイル形式の抄録原稿を提出される場合は、電子メールの添付ファイル形式で送り下さい。

提出できる電子ファイル形式はPDFファイルのみとします。

タイトルに「日本福祉心理学会」の文字を入れていただくと助かります。

○日本福祉心理学会第14回大会準備委員会 janphs14@gmail.com

5.申し込み手続き

(1)前項Ⅲの要領に従い、申込票により事前に予約申込みを行い、その後、期日までに、抄録原稿を提出して下さい。

(2)申込みの期限は5月6日(金)、論文抄録原稿の提出期限は5月13日(金)です。

(3)申込み諸費用納付、抄録提出期限に遅れたものについては、受付けできませんので、ご注意下さい。

Ⅴ.自主シンポジウムの申し込み

 

2~3件程度のシンポジウムを予定しています。皆様からのご応募をお待ちしております。なお、企画にあたっての注意事項は下記のとおりです。

 

1.資格

シンポジウムの企画者・司会者・話題提供者・指定討論者は、原則として正会員(※学生会員を含む)で諸費用を納入済みの会員とします。ただし、本学会の目的を理解し、その発展に資する非会員の方を話題提供者・指定討論者に加えることはできます。この場合、非会員の方は、大会当日受付にて参加費を納入してください。

 

2.形式

シンポジウムの時間は、1時間以内とします。運営は企画者に一任されます。使用できる機器は、PC、プロジェクタ、書画カメラです。使用機器に関しては、参加申し込みの際にお知らせください。

 

3.申込みfig01

前記Ⅲの要領に従い、申込みを行って下さい。申込多数の場合は、採択は準備委員会にて決定させていただきます。採択された自主シンポジウムは、5月9日(月)までに大会ホームページに掲載し、お知らせいたします。(採択可否については個別に連絡いたしませんので、ご注意下さい)。

 

4.抄録集原稿

  (1) 原稿作成要領

話題提供者ごとに分けて話題提供の要旨を記述してください。原稿はA4判で作成し、話題供者1名に付き1枚を目安にして作成してください。原稿の形式については、企画者に一任いたします。

(2) 原稿提出

作成された原稿は、企画者がとりまとめ、必ず一括して、大会準備委員会あてに、電子メール添付ファイル(PDFファイル)にて送付してください。送付の方法は、上記Ⅳ研究発表(ポスター発表)抄録集原稿の提出方法と同様です(印字した原稿を郵送することも、また電子ファイル形式の原稿を電子メールにて送信することも可能です)。但し、電子メールによる提出はPDFファイルのみとします。PDFファイル変換用ソフトがなく、また、PDFファイルへの変換が困難な場合は、大会準備委員会までご相談ください。

 

5.その他

参加申込や諸費用納入、抄録原稿提出期限に遅れたものについては、受け付けませんので、ご注意下さい。

Ⅵ.特別講演Ⅰ・Ⅱ

1.特別講演Ⅰ(海外編)  

「韓国早期特殊教育の現状と課題」 講演者 李素賢氏

2.特別講演Ⅱ(国内編)

「インクルーシブ教育システムの構築に向けた特別支援教育の推進」 講演者 庄司美千代氏 

  • なお、特別講演Ⅰ・Ⅱは、非会員にも公開します。どなたでも参加できます。

 

Ⅶ.学会企画シンポジウム

「乳幼児期を大切にする支援を考える―関係機関がつながるために」(仮称)

 

Ⅷ.懇親会

7月2日(土)夕刻に、大学会館レストランPlaza「筑波デミ」にて懇親会を行います。

多数のご参加をお待ちしています。

 

Ⅸ.諸費用

払込期限は、2016年5月13日(金)です。この日までに振り込みが確認されたものを予約期間内の払込とします。

費目

申込

支払者

料金

摘要

大会参加費

予約

正会員・団体会員・非会員

学生会員

4,000円

2,000円

予約期間内の払込。論文集・参加証送付。

予約期間内の払込。論文集・参加証送付。

当日

正会員・団体会員

学生会員

当日会員(非会員)

4,500円

2,500円

4,500円

当日、受付にて納付していただきます。

当日、受付にて納付していただきます。

当日、受付にて納付していただきます。

懇親会費

予約

正会員・団体会員・非会員

学生会員

4,000円

3,500円

懇親会参加証送付。

懇親会参加証送付。

当日

正会員・団体会員・非会員

学生会員

当日会員(非会員)

4,500円

3,500円

4,500円

当日、受付にて納付していただきます。・当日、受付にて納付していただきます。

当日、受付にて納付していただきます。

註 1)大会論文集は、全ての会員の皆様に、1部送付されます。

 2)人数に余裕のある場合に当日受け付けできますが、できる限り、事前予約をお願いいたします。

当日の受付に関しては大会会場の受付に掲示いたします。

 

Ⅹ.今後の予定

(今回の案内以降、すべての会員の皆様への郵送による「ご案内」はございません。)

締切期日

内容

摘要

2016年5月6日(金)

・参加申込期限

・研究発表・自主シンポジウム申込期限

(申込者が)申込票の郵送または送信

(研究発表者・シンポ企画者が)発表申込票を郵送または送信

2016年5月9日(月)

・シンポジウム採択決定

(準備委員会が)大会ホームページ上に塔載し、企画者へ通知

2016年5月13日(金)

・抄録原稿提出期限

(主発表者が)抄録原稿等を郵送または送信

(シンポ企画者が)抄録原稿等を郵送または送信

・諸費用の納入期限

(申込者が)郵便振替用紙で納付

2016年5月20日(金) 

・プログラム公開

 大会ホームページ上に掲載

2016年6月上旬

・論文集送付

(準備委員会が)全会員へ発送

発表論文集・大会参加証・懇談会参加証を発送

ⅩⅠ.その他

 

1.大会ホームページ

※大会ホームページは、http://janphs14.org/ です。

※大会の詳細及び参加者への連絡事項等については、順次、大会ホームページに掲載します。

2.大会のメールアドレスは、 janphs14@gmail.com です。

3.宿泊の斡旋はいたしておりません。

4.食堂

7月2日(土)、3日(日)は大学会館レストランPlaza「筑波デミ」は休業です。会場の近くにコンビニエンスストアーやファミリーレストラン等がございます。そちらをご利用下さい。

 5.会場(大学)までの交通 (アクセスマップ:http://www.tsukuba.ac.jp/access/